がんや心筋梗塞、脳梗塞の再発予防に菜食主義になるのは有効か否か

脳梗塞を予防できる食事スタイルのベジタリアン

動物性脂肪が脳梗塞や心筋梗塞、がんの再発リスクを高めるのであればベジタリアンになった方が良いと考えている人がいます。ベジタリアンに対する誤解に「野菜しか食べない主義」だというものがあります。しかし、ベジタリアンとは実際には細かく細分化されており、中には野菜を食べるベジタリアンもいます。

脳梗塞の再発リスクを下げる食事スタイル

ベジタリアンスタイルは血圧が下がることが判明(50代/医師会)

野菜中心の食生活になることで、確かに心筋梗塞や脳梗塞といった病気のリスクは防げます。動物性脂肪や塩分の摂取量が必然的に減るからです。しかし、だからといって野菜しか食べない生き方をするというのは極めて危険な考えです。人は生きるためにタンパク質や脂質を摂取しなければなりませんし、血圧が下がりすぎても人は体調不良になります。大事なのはバランスよく食べることであり、極端な食生活というのはあまり良いことではないのです。

ベジタリアンの様々な種類

ビーガン
動物性のものを一切使わない、食べない生き方をビーガンといいます。多くの人が抱くベジタリアンのイメージそのものであり、肉を食べることはほぼなく、ハチミツすら禁止です。豆などでタンパク質を補給し、調味料も動物性の成分がないものを使用します。
ラクト・ベジタリアン
インドではピュア・ベジタリアンとも呼ばれているベジタリアンです。これは乳製品も食べるベジタリアンです。乳製品は胃腸の調子を整えたり、骨を強化したりと体に良いものも積極的に摂取することができます。
オボ・ベジタリアン
こちらはラクト・ベジタリアンと違い、乳製品ではなく卵を食べるベジタリアンです。細かく分類すると無精卵のみ食べる人もいます。卵には血中コレステロールをあげる成分も含まれていますが、他の動物性脂肪を摂取していないため健康的に過ごすことができます。

脳梗塞の再発予防をしたい方にオススメ【ペスコベジタリアン】

上記で紹介したベジタリアンは、ほんのごく一部です。どれも自分には厳しそうだなと思ったのであれば、負担が少なく初心者でも始めやすいペスコベジタリアンになってみましょう。

ペスコベジタリアンとビーガンの違い

ペスコベジタリアンとは、魚を食べることのできるビーガンのように徹底していないベジタリアンです。そのため、食生活においてタンパク質も手軽に補給できますし、ベジタリアンを志すのであれば非常に簡単に始められるのがポイントです。また、魚を食すことができるのでEPAも摂取しやすくなり、脳梗塞などの再発も防ぎやすくなるのがポイントです。

ベジタリアンと心筋梗塞の関係性

北米の研究チームの研究によると、ベジタリアンと非ベジタリアンではベジタリアンである方ががんや心筋梗塞、脳梗塞で死亡する確率が低いことが発表されています。さらに細分化すると、最も死亡率が低かったのがペスコベジタリアンであり、それに次いでビーガンの死亡率が低かったと発表されています。具体的にはビーガンのがん、心筋梗塞による死亡低下率は15%低下し、ペスコベジタリアンは19%低下したという結果が出ています。理由としては、動物性脂肪の摂取量が低かったのに加え、魚に含まれるEPAを摂取することが原因ではないかといわれています。

食事は生きる上で大切なこと

生きる上で食事は非常に重要です。栄養摂取をしなければ生きていけませんし、何より美味しい食事は心を豊かにします。ペスコベジタリアンは美味しい食事を楽しめる上に、病気の再発予防も行なえる健康的な生き方なのです。

今日からあなたもペスコベジタリアンになろう!

血液

健康診断で血中コレステロールや高血圧の指摘を受けた場合は、心筋梗塞や脳梗塞の発症及び再発のリスクが高くなります。そのため、再発予防のためにもペスコベジタリアンの食事スタイルを取り入れ、健康的な食生活を送ってみましょう。

楽しみながらベジタリアンを理解しよう

ベジタリアンになろう!と思ったものの、どうすればなれるのかがよくわからないという人も多いです。そのため、ここでは菜食主義者の人の話を元にどう生きればよいかを知っていきましょう。

ベジタリアンについてもっと詳しく知りたいです
ベジタリアンの生き方が気になる場合は、まずはオーガニックフード交流会に参加してみてはいかがでしょうか。ここでは交流会の名前のとおり、ベジタリアンの人の話を聞くことができますし、どんなものを食べているのかを実際に食べたり聞いたりして知ることができます。交流会によっては映画を観たり農地見学ができたりと非常に充実したものもあり、中には初心者向けのイベントもあるので探してみましょう。
実際にオーガニックフードを食べることができるイベントはありますか?
あります。日本最大級のベジフードフェスタを始め、ネットで検索すれば割と多くオーガニックフードを食べることができるイベントを見つけられます。もし自分の地元でそういったイベントが見つからなかった場合は、オーガニックカフェやレストランで食事をするのも良いかもしれません。

計画的にペスコベジタリアンを目指そう!

いきなりベジタリアンになろうと思っても、よほどの精神力がない限り途中で投げ出してしまいます。食生活を変えるというのはそれほど難しいものであり、今まで食べていたものが食べられなくなるというのはそれほどストレスが掛かるものなのです。よって、いきなり極端に走るのではなく、計画的にペスコベジタリアンになっていきましょう。具体的には、摂取する肉の量を少しずつ減らしていき、魚と野菜中心のメニューに変えていくことから初めます。そして最終的に肉を完全になくし、魚と野菜のみで生きていけるようになりましょう。

食事で再発予防をするなら相談も忘れずに

インターネットでがんや脳梗塞などの再発予防を調べるのも良いですが、もっと効果があるのが医師と相談することです。食事療法による再発防止は、食事療法に関する知識が必要であり、インターネットで調べるよりも専門知識を盛っている医師に相談した方がより性格でわかりやすく知ることができます。また、食材の調理方法は栄養士の指導を受けることでより健康的な料理を作ることができます。

TOPボタン